2013-08-30

Autamu Ceramic Fair 2013

いよいよ始まりました。秋のセラミックフェア。
毎年この時期になると、アラビアのSモデルが恋しくなります。





もうお使いの方も多いと思いますがここでおさらい。

1960年にウッラ・プロコペによってデザインされたルスカシリーズが元となりました。
その後約40年間の間に、たくさんのデザイナーがデコレーションを施し、長い間製造されたこのフォルムが
アラビアのSモデル。

Sモデルの魅力は、とにかく使ってみるとその良さがすぐに理解できます。
カップの持ち手の安定感、少し外に広がるリムの口当たりの良さ、料理が映えるカラーと雰囲気。
装飾の種類の多さは、きっとお気に入りのシリーズが見つかると思います。
バリエーションの豊富さも見逃せませんし、たとえ装飾が違っていても同じ形であれば
スタッキングもスマートにおさまります。
必要な形を必要な枚数だけ集めていける。
これぞ、まさにフィンランドのサスティナブル精神!

そして、もう1つの大きな魅力は、カラーにあると思います。
ラインだけの装飾も多く存在するSモデル。
その色合わせは、ありそうでなかったような、でも心にしみ込んでくるような。
そんな、フィンランドの色がたっぷり詰まっています。


これからの季節に備えて、しっかり揃えて頂けるようにたくさん集めました。
ぜひ、この機会にフィンランドの定番食器、Sモデルでテーブルコーディネイトを楽しんでください!






コメントを投稿