2014-11-01

ローカルなものを探してみる。カッリオ地区その②



前回に引き続き、カッリオ地区でローカルなものを探してみました。
本当にこのカッリオという地域は、ふらり〜と歩いてるだけでディープな感覚を味わえますw
























歩いていて「あ、ちょっと目を合わせたらヤバそう」なーんてことも日常茶飯事w
もしかしたら、全く害はないのかもしれないけれど、街全体がそんな空気を放っている場所です。
一見さんでは、少し敷居の高いお店もあるかもですが、どのお店もオーナーさんにしっかり
撮影、掲載許可もらってますので、みなさんも安心してお店に行ってみてくださいね!w






それでは、カッリオ地区のオススメ2件目。
Fargo VINTAGE & MUSIC





こちらは、ヴィンテージと音楽のお店。
フィンランド国内外のヴィンテージ製品をセレクトしているお店なのですが
その中で見るフィンランドデザインの、ある種独特な空気感は、このお店のセレクトならではかもしれません。
奥には、レコードやCDがずらっと並んでいて、懐かしいものから日本のレーベルまであります。
このエリアならではの、音とヴィンテージの絶妙なミックス具合がクセになるようなお店でした。

私たちは、数あるヴィンテージ中で、野暮ったくも気になる空気感をまとった丸っこいのを購入しました!
これが何?とか、どう?とかよりも、これがフィンランドだぁ!という存在にやられてしまいましたw

家具などの大物もあり、インテリア好きの男性も十分に満足させてくれるお店だと思います。
ぜひみなさんも、際立つフィンランドの空気を感じに訪れてみて下さい。

















コメントを投稿