2014-11-11

ローカルなものを探してみる。カッリオ地区その③



少し更新が遅くなってしまいましたが、カッリオ地区オススメショップ最後の3件目です。






私のカッリオイメージは、タバコを1本くれと声をかけてくる若者、 年季の入ったコートの内ポケットから
お酒の小瓶を出して飲み出すおじいさん、トラムの停留所で奇声をあげてる赤髪のおばちゃん。
私にとっては、少しカウリスマキの映画の世界のような、ある種エキセントリックな光景です。
でも、そんな部分もあるから、フィンランドが大好きなんだと思います。
(もしかしたら、そんな映画の登場人物を引き寄せているのは、私なのかも??w)








そんなディープでエキサイティングな街、カッリオを牽引している場所がこちらのショップ。
Made in Kallio







グローバル化されていく大きな流れの中で、よりローカルなものを見つめ直し面白いものを発見する場所です。
お店の名前の通り、カッリオ地区周辺で活動しているブランドやアーティストの作品の販売とカフェです。
このカッリオに流れる独特な空気を、新しいエネルギーに変えてくれています。

カフェで食べれるメニューのクオリティも高く、休憩スポットとしても使えるお店。
この日食べたバルサミコソースのチーズサンドのアクセントが、まさかのマスカット!w
一見ミスマッチな組み合わせでも、絶妙なブレンド具合で素敵に仕上げてきます。
もう、まさにカッリオサンド!w





素敵なデザイン、美しい自然、親切な人々、などなど。
フィンランドにたくさんある素敵な部分に、絶妙のスパイスを効かせたような場所カッリオ地区。
みなさんもぜひ足を運んで、カッリオの主人公になってみて下さい。
今までの旅では、見えなかった何かがきっと見えてくるはず。





















コメントを投稿