2014-05-31

finnish design shop として。

みなさん、こんにちは。いよいよ明日から6月ですね!
また新しい気持ちで頑張らなきゃ。というご報告を。



先日発売された関西の情報誌SAVVY 7月号「関西の北欧雑貨店」特集号に掲載して頂きました!
しかも!トップバッターで掲載して頂けるなんて、なんという名誉なことでしょう。
まだ、見てない方は、ぜひ書店へ♡(くれぐれも、立ち読み禁止ですよw)


先日、実店舗4周年を迎えることができ、ようやく、本当に「ようやく」という感じで
自分たちの本当にやりたかったスタイルが実現しつつあります!
「古いアラビア売ってるお店」から、「フィンランドのデザインショップ」として
しっかり機能させたいと思っています☆


フィンランドには、本当に多くのヴィンテージの名品が存在します。
きちんと真摯にモノ作りをなされてきた名品たちは、現代の我々の生活にもすんなり馴染み
新しいリズムを生みながら、またこれから10年先にも「持ち続けたい」と思わせてくれます。
そんな名品を、「単なる古い味わいのある道具」として終わらせないためには、
新しい時代に生まれたデザインと融合させることで、本当の意味を持つような気がします。


そして、salmiakkiが、まず最初に選んだお品は、SAANA JA OLLI  (サーナ ヤ オッリ) の
Maailman synty (マーイリマン スンテュ)「世界の始まり」というパターンです。



フィンランドの伝統的な絨毯と叙情詩カレワラからインスピレーションを受けたデザインだそうです。
対称的に描かれていくグラフィカルなモチーフの中に、手描きのあたたかさやモチーフのおもしろさを感じます。
そして、何よりフィンランドらしい。多くのすばらしいデザイナーを輩出したフィンランドの
「今」の息づかいが聞こえてきそうな、デザインでもあります。

salmiakki店頭でも、こちらのパターンのキャンパスバッグとティータオルの取り扱いを始めました。
Maailman synty「世界の始まり」が、私たちの新しい提案の始まりに。
そして、みなさんの生活をさらに豊かなものにしてくれると願っています。











- SAANA JA OLLI  (サーナヤオッリ) -

2009年に設立された Saana Sipilä (サーナ・シピラ)と Olli Sallinen(オッリ・サリネン)の2人組みのデザインユニットです。Durability (永続生) Sustainability (持続可能) Local production (現地生産) の3つのデザイン哲学を持ちます。100%へンプの素材選びから生産まで、フィンランド国内でのモノづくりにこだわった2人の生み出すデザインは、一過性のものではなく必ず数十年後もリビングやダイニングの中心で、生活を彩ってくれているでしょう。



コメントを投稿