2014-04-26

「サルミアッキ」と「salmiakki」の作り方

先日の定休日に、なにやらごにょごにょとある計画を実行しました。



画像を見て「ピン!」と来た方も多いかもですが、はい。そうです。サルミアッキを作ってみました〜◆
もうみなさんご存知かと思いますが、「世界一不味い飴」と呼ばれるフィンランドの国民的おやつサルミアッキ!



まず、サルミアッキの材料は、水、甘草、塩化アンモニウム、モラセス、砂糖、片栗粉、ゼラチンパウダー。


材料を鍋に入れ火にかけ、とにかくまぜまぜ。
適切な分量がわからないので、少しずつ入れて味見をするのですが、これが拷問w(泣)


適当な大きさの型に流し込んで、あとは冷蔵庫で固まるのを待つばかり。ドキドキw


固まったらピザカッターなどで、おなじみのひし形にカットして出来上がりです◆
グミキャンディーというより、サルミアッキ味のゼリーです!


できあがりヽ( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )ノ
詳しい作り方は、こちらでレシピ書きました!ぜひみなさんも挑戦してみて下さい。
つくレポお待ちしてまーすw ☞サルミアッキゼリーレシピ



あ!!!!



言い忘れてましたが、味は、アレですよw







そして、今回サルミアッキを作るキッカケをくれたK大生のM君とそのお友達に、スペシャルキートスを☆
彼らとの出会いはこんな感じでした。

M君「自分たちでサルミアッキを作ろうと思ってるんです!」
私 「ええっ?で、できるの??材料は??どどど、どうやって???」
M君「ネットで色々調べて。。。」とおもむろにリュックから材料の1つ「甘草」を出して来た。





















私 「!!!!!(この子ら、本気やっwww)」

「本物の味を再現できるように」とサルミアッキを買ってくれた後ろ姿が、
もう勇者にしか見えなかった。眩しかった。

数日後、M君から「サルミアッキできました!」の報告メール。
試行錯誤をしたみたいだけど、なんとか味を再現させていた。
写っていたお友達の満足そうな笑顔が心にやきつく。。


そう!私にもずっとやりたいことあったはずなのに、「できないかもしれない」とか
「忙しい」とか「いつか」とか、色々理由をつけて、夢で終わらせようとしていたかもしれない。
ぶさいくでもいい。とにかく何か形にしなきゃ!
格好を気にして尻込みしていた私を奮い立たせてくれた、大学生の2人に心からの「ありがとう」を。

私たちはこれからもフィンランドデザインショップ「salmiakki」として、
フィンランドのデザインや暮らし、フィンランドに存在する価値観を、
様々なカタチでご紹介して参ります。
多くの方に「美味しい!」と言って頂くことはできないかもしれませんが
それでもこんな私たちの「salmiakki」にハマって下さる方に「めっちゃ美味しい!」と
言って頂けるようなお店を目指してがんばります。
これからも皆様、どうぞおつきあい下さい。o( _  _ )o


以上、美味しいサルミアッキ作ろうの会でした。(会員募集中◆)








コメントを投稿